CONTACT

お問い合わせ

家づくりに関する事ならお気軽にご相談ください!

  • \お友達追加で家づくり参考書をプレゼント/
    LINEでプロに無料相談

    QRコードからlineお友達登録をして
    お気軽にご相談ください

    LINE友達追加QRコード
  • メール無料相談

    家づくりについてお気軽にご相談ください

    まずは無料相談

    まずは無料相談!

  • お電話でのお問い合わせ

    毎週水曜日定休 9:00~17:30

2024.03.15

秋田で新築を建てる前に、固定・変動・金利選択ローンの各プランの特徴を知ろう

line_present

住宅ローンの種類は3つに分けられる

全期間固定金利型

全期間固定金利型は金利はずっと変わらず安心ですが、利率は最も高いという特徴があります。

メリット:金利の変動リスクがなくなり、支払い額が予測しやすい

デメリット:高金利時に追加負担があり途中解約にはコストがかかる

変動金利型

変動金利型は半年ごとに金利見直しされ、利率の設定は最も低いという特徴があります。

メリット:金利が低い時期に低い金利で借りられ、金利が下がれば返済も減少する可能性がある

デメリット:金利が上昇すると返済額が増加する可能性があり将来の金利変動が予測困難で不安定な要素がある

固定金利選択型

固定金利選択型は選択期間中は金利固定で、利率は固定と変動の中間という特徴があります。

メリット:毎月の支払いが安定して予測可能であり、金利上昇に対する保護がある

デメリット:低金利時の利益逃しや途中解約に伴うコスト、長期の固定金利が高い可能性がある

団体信用生命保険加入で無駄な保険料を払うことに!?

団体信用生命保険(通称:団信)とは、住宅ローンの契約者が死亡や高度障害などの万が一の時に、住宅ローンの残高をゼロにして家族のお家を確保することができる保険です。なお、団信は住宅ローンと同時に加入するケースがほとんどです。加入が貸し付け条件としている金融機関も多いので覚えておきましょう。

ただし、生命保険の保険金でローン返済を考えているのなら、団信に加入する必要はない場合もあります。もしも団信に入るなら、生命保険を見直して保障額を下げることを忘れずに検討しましょう。

保険が重なることも

万が一の住宅ローン返済は団信で保障されるので、必要以上に加入はせずに、その分を生活費やローンの返済に充てましょう。

まとめ

金利タイプは3つ、低金利でも要注意

住宅ローンは、金利タイプによって3つに分けられます。現状では、6ヵ月ごとに金利が見直される「変動金利型」が最も低金利です。

その次が、選んだ期間は金利が固定される「固定金利選択型」で、固定金利期間が短いほど利率は低くなる傾向があります。

最も金利が高いのはローン完済まで同じ利率が続く「全斯間固定金利型」です。

マンションや住宅を売りたい不動産会社は、金利の低い「変動金利型」を勧めてくる場合が多いですが、ここに注意が必要です。

「変動金利型」は適用金利が半年ごと、返済額が5年ごとに見直されるものが多く、適用金利が上がると返済額も上がり、結果的に総返済額がほかの金利タイプを上回ることがあるからです。

収入や貯金に余裕がない人は、急に返済額が上がると厳しくなります。特に子どもがいて、ローン返済以外にもお金がかかる家庭の場合、教育負担が大きい期間は固定金利型にしておいた方が無難でしょう。自分の支払い能力を考慮して選ぶことが大事です。